風邪と腰痛でダウン。トドメにものもらいで痛い。

もうダメ 日々の出来事
この記事は約3分で読めます。

風邪をひいて10日以上が過ぎ、やっとやっとで治るかなと思いきや腰痛で立っても座ってもアイタタタ。

そして一昨日の夕方から瞬きが痛いと思って眼科へ行ったら「ものもらい」と診断された雫葵です(TдT)

風邪の予防を怠ってました

そもそも最初の風邪になった理由というのが凄く単純な話で。

うがい手洗いをサボってました(-_-;)

初夏の温暖な気候に油断して、帰宅時の手洗いうがいを忘れてしまうパターンが増えていたのが普段の生活との違いでした。

基本的なことですが、うがい・手洗いって大事ですね!

腰痛の原因は未だはっきり分からず

3~4年ほど前から、何が原因で起こるのかわからないけど腰痛を出すようになりました。

30歳も過ぎたし、少しずつ身体に不調が出やすくなるのかな~と初めは湿布を貼って安静したり程度でしたが腰痛が出る度に悪化。

突然痛くなって、腰を触ったり押しても痛くないのに、座っても立っても痛い。歩いても激痛が起こる始末。

急激な運動をしたとか、いつもと違うことがあったなら原因かなとも考えられますが、いつもと同じようにデスクワークしていて気づけば痛くなっていたということが度々ありました。

マッサージ、整体へお世話になるも一時凌ぎ。

整形外科では特に異常なし。

整骨院でようやく仙腸関節という何やら耳慣れない診断を受け、鍼を併用して治療していただいたものの、スケジュールの都合で半年ほど通院できておらず。

仕事のイベントで知り合いのセラピストさんから耳つぼ音叉セラピーを受けたら「すっごく我慢強くて、腰と腸が良くないでしょ?」って言われました(笑)

彼女曰く、音の跳ね返り方だったり、良くない部分のツボが赤くなって身体が訴えたりするのだそうです。音叉と耳つぼ本当凄かった。

耳つぼを刺激するシールタイプのスワロフスキーを貼ってもらったら、翌日からしばらくスッと腰痛が消えて更に凄かった。

と、色々な施設・施術を利用するも、「そもそも何がきっかけで腰痛を起こすのか?」という部分は未ださっぱり分からず。

仕事やら子どもの習い事送迎は何とかやれたけど、家事をダウン。
家族思いの旦那様に全面的にお世話になっております。

トドメにものもらいでトリプルパンチ!

熱の出ない鼻・喉の風邪を引いて12日目、腰痛出して2日目の一昨日。
今度は右目が何か痛い!

鏡を見たら、下瞼の一部分が腫れている!?

自覚したのが夕方も遅い時間だったので、翌日に眼科を受診。

診断の結果は「ものもらい」とのことでした。

視力は弱いけれど、眼のトラブルは初めてでテンションダウン。

幸い、人に伝染らないものだそうで子どもがいる私にとってはそれが1番ほっとしました。

結論

油断大敵!慢心注意!

もう本当、風邪や感染症に弱い自覚はあるから手洗い・うがいは気がけていたのに、何を思ったか最近の私が怠ってしまったこれが全ての元凶だなと感じています。

梅雨も明け、本格的に暑い夏がやってきます。

みなさんも体調に注意して、私のようにならないように気をつけてくださいね。

追記

その後、ものもらいは眼科で処方された目薬を使って数日で治りました。

腰痛の方は予防を兼ねて、週1で通っています。
その甲斐あって強い痛みはその後ありません。

健康を維持するって、年齢と共に難しくなるんだなと痛感しました(笑)

タイトルとURLをコピーしました